お写んぽ レッスン画像

姫路城(兵庫県)観光と撮影

更新日:

私のカメラを始めるきっかけになった人が、実はお二人いらっしゃいます。

ひとりは随分昔から、一眼レフ持ってカッコいい写真を撮るお姉さま。

そのかっこいい写真に感化され、デジイチの世界に飛び込んだ少し年下の女史。

そして、二人の素敵な写真に 遅れをとってしまったけれど
必死に追いつこうとデジイチの世界に飛び込んだ私。

年に数回、この3人でお写んぽをしています。

今回は2月5日、姫路城へと繰り出してきました。

姫路城

京都からだとJRで姫路まで1時間半。
朝の通勤ラッシュと重なって、しばらくは立ったまま
動けない状態での乗車です。
普段電車に乗りなれていないので、正直この間は辛かった(;'∀')

姫路に着いたら、姫路城までは簡単です。
駅から真正面に姫路城が見えていますから。

姫路城

本当に真っ白で綺麗でした。

この下の2枚の画像ははポストカードにしようと思って写した物です。

駅からお喋りしながらテクテク歩くと、意外に近く感じますが
実はお城に着いた~となってからが遠いです。

この日は2月初めでしたがお天気も良く、暑かったです。
途中でコートの下の服を、1枚脱いだくらいですから。

まぁ、お城のバックの青空見ていただいたら様子がわかるかと。

この場所から石を落としたのでしょうか?
鉄砲撃ったのでしょうか?
遠くに見える景色が、今の時代だと美しいと思えるのですが・・・

 

お城に入ってから、どんどん上に登ってゆくのですが
ここはとても急な階段です。

高所恐怖症の私には、この階段がとてつもなく恐ろしかったです。

上がると言う事は、次は降りなければなりません。
上がっている時点で、足がガクガクするのに
降りると言うのは・・・・恐ろしいどころの話ではありません。

必死で登りながらも、私は途中で断念して友人を待つことにしました。

これはお城の中から見た姫路駅。

道路わきのビルの高さを考えると、まだまだ上に上がりきっていないのがわかります(笑)

こちらのお城は、城主さんが沢山変わられようですね。瓦のなんていうんでしょう?

家紋が入っていましたが、とても綺麗でした。

 

お城の中に入ると、タイムスリップした感じがします。

上を見上げると、さらに時代を旅している感覚。

窓からさす陽射しがとても綺麗。

こちらの窓、右と左が若干違うのがわかるでしょうか?

ここから外に出て、瓦の修理とかするそうです。

右側の窓から、外に出られるようになっています。

そうそう、お菊さんの井戸がありました。

播州皿屋敷のお菊さんです。

子供の頃

「いちま~い、にま~い」

のそのセリフ聞いただけで怖かったお菊さんです。

皆さん、ご存知ですか?

新舞子海水浴場の画像はこちら

自衛隊桟橋から赤レンガ倉庫までおしゃんぽ隊東舞鶴を行く!

2019年9月23日、台風17号が舞鶴沖を通過すると言うその日 恐れを知らないおしゃんぽ隊は、何と東舞鶴に集合! でもさすがに、いつものカメラだと強風や雨で何かあっては困ります。 久しく眠っていたCa ...

スポンサーリンク

-お写んぽ, レッスン画像

Copyright© 気まぐれフォト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.